天然ブロック氷の扱い方をご紹介します。
  1. ホーム
  2. かき氷を作る為のブロック氷の扱い方

冷凍庫から出してきた氷をそのまま削らない!

かき氷を作る際、冷凍庫から出してきた氷を、そのまま削ってかき氷にしてはいけません。なぜなら、冷凍庫から出してきた氷はあまりにも固過ぎるからです。固い氷を無理に刃で削ったところで、美味しいフワフワのかき氷は出来ませんし何よりかき氷の刃が痛みます。

氷の画像

そのため、冷凍庫から氷を出してきたら、氷が全体的に溶けて表情を変えるまで待ちましょう。冷凍庫から出してきた氷は、真っ白ですが、時間が経過して氷が溶け始めると透明な姿に変わっていきます。 この状態で削ればフワフワな氷を削るベストなタイミングです。しかし氷を溶かす時間がない場合は水道水で氷を洗って表面を滑らかにして削ることは出来ますが溶かす時間が短い為、氷の中心部の温度が低く、パウダー状の氷がでたり、氷が割れたりします。

パウダー状の氷 カンナ削り状の氷

かき氷機の刃をつまみゼロでセットする

ブロック氷をかき氷機にセットしたら氷を削る前に、必ず刃を調整してください。最初は、刃の位置をどこにすべきなのか迷うかもしれません。ふわふわで美味しいかき氷は、つまみゼロの状態から作ります。つまみゼロとは、かき氷機につけられた刃が円盤に届かない状態です。つまみゼロにセットできたら、ブロック氷をかき氷機にセットします。

このとき、しっかりとかき氷機の水平な面でブロック氷を固定してください。ここで、初めてかき氷機の電源を入れて、氷を回転させていきます。もちろん、つまみゼロの状態なので、氷が回るだけで、氷が削れることはありません。

つまみゼロにした刃をゆっくりと出す

テイクアウト用のかき氷写真

次に、つまみゼロにした刃をゆっくりと出していきます。急に出してしまうと、ふわふわなかき氷ができないため、氷の削れ方を確認しながら、刃を調節するようにしてください。 ゆっくりとつまみを回していくと、少しずつ刃が飛び出して、ふわふわの薄い氷がかき氷機から出てきます。カンナを使って木材を薄く削るように、かき氷機で薄い氷を作ることが、美味しいかき氷を作る大切なポイントです。 最初は、慣れないため、削り際を見極めることが難しいと感じてしまうかもしれませんが、何度か回数を重ねていくと、どれだけつまみを回して刃を出せば、どんな氷ができるのか、体の感覚で分かるようになります。そして、必要な分の氷を削り終えたら、つまみゼロの状態に戻して、ブロック氷を取り除きます。

氷が溶ける前に、シロップなどの盛り付けを終わらせる

氷にシロップを掛けます。

薄くてふわふわの氷を削ることができたら、すぐにシロップやフルーツなどのトッピングの盛り付け迅速にそして優しく入れて下さい。ここで、もたついてしまうと、薄い氷が空気に触れてしまうため、通常よりも早いスピードで氷が溶けてしまいます。

お店販売でアイドルタイムの時(お客様が途切れた時は)は機械にセットしてある氷が徐々に溶けてしまいますのでブロック氷を慎重に(刃物が鋭利なので!)取り出して冷蔵庫やクーラーボックス等に保管する事が良いと思います。

キューブ氷用のかき氷器のメリットも大きい!

約15cmのブロック氷

バラ氷用のかき氷器のメリットは何と言っても氷の管理が簡単です。家庭でもお店でも使用している3cm角の製氷が使用できるのでお店なら注文がある度に一人前からかき氷が作れます。 つまり、ロスが少なく手間もかからず、機械もコンパクトなので場所を取りません。
お祭りやイベント等に使うのではなく、喫茶店や居酒屋さん等の飲食店にはコチラがオススメです。 氷の美味しさはブロック氷専用かき氷器には負けますがその分、シロップ等に多少コストを掛けて見た目や具材の豪華さを売りにしてみてもいいかもしれませんね。

1 2 3 次の記事ページへ

かき氷トップページへ

藤田道具WEBショップ

〒111-0035
東京都台東区西浅草2-20-4
Tel : 03-3841-0944
Fax : 03-3841-8736

Mail : info@fujita-dougu.com

かき氷器の修理承ります

お電話にてご連絡ください。お見積りいたします。

↑ PAGE TOP